(以前に提案したオリキャラは、便宜上「総統」または「Q総統」と呼称)

 

 

姓名:未定(以降は便宜上「石動用キャラ」と呼称)

種族:人間

性別:♂

年齢:石動進と同い年

身長:170センチ

衣装デザイン:未定(お任せします)

 容姿は『アスラクライン』の「夏目智春」をほぼそのまま(片側だけに

長く垂れた一束の髪もシッカリと再現を)。一人称は「俺」。

 キャラのイメージは『聖戦士ダンバイン』の「バーン・バニングス」だが

喋り方は くだけた感じ(敬語の使い所は心得ている)。

 Qに入って以来、短期間で総司令部直属の高級戦闘工作員として

臨時の作戦司令を任せられる程に昇りつめた駿才。

同じ転生者同士という事もあって総統の覚えも非常に目出度く

いずれは広大な所領を貰って、そこの領主になりつつQ内での位人臣を極めて

権勢を振うのも良いかなと考えるようになったものの

麻帆良での工作活動にて石動進に敗れて

作戦が失敗して以来、石動と因縁を持つようになる。それから

石動関連での失態が続き、ついには総統の信用を失って更迭された挙句

限界まで減棒の上で秘密官舎にて干される事になってしまう。

しかし、Qにおいて順調な出世街道を歩んでいた自分が

そのような境遇に陥ってしまった原因が石動進に負け続けたためだと曲解し

石動への復讐を成すために、また、Qの前線に戻るため素顔と素性を隠して

改めてQへ志願する。ただし、素性と素顔を隠しても

彼の最も特徴的な部分が晒されたままであり、声とか

別項にあるような(素性を隠す前に支給されていた方の)小型装身具型装置と

ネットワークシステムへの工作が不充分だったという事もあって

総統をはじめとした親しかった者達には

すぐに見破られてしまっているのだがみんな見破りつつも気を使ってやって態々

気付いていないフリをしてやってるのは御約束。

 素性を隠してからの最終目的は石動を倒す事だけなのにも関わらず

態々 改めてQに志願する辺り、総統とリオンへの忠節は厚いと言える。

 ちなみに、転生前から『聖戦士ダンバイン』は知っているが、せいぜい

タイトルを知っている程度で深い知識は無い。

 彼の戦闘能力は、主にナイトウィザード系をメインベースとして

素性を隠す前のは、凄く強いのだが石動進に比べたら それ程でもない程度で

素性を隠してからは急速にパワーアップして石動に もう半歩で及ばない程度に。

 

姓名:未定(以降は便宜上「神人用キャラ」と呼称)

種族:人間

性別:♂

年齢:四季神人と同い年

身長:185センチ

衣装デザイン:未定(お任せします)

 容姿は『SA(スペシャル・エー)』の「辻竜」をほぼそのまま。一人称は「俺」。

 キャラのイメージは『重戦記エルガイム』の「ギャブレット・ギャブレー」

なのだが喋り方は粗野な感じ(敬語の使い所は心得ている)。

また、ギャブレーのイメージな転生者なだけあって女に惚れっぽいが

流石にハーレム願望を抱いたりしない程度の自制心は持ち合わせている。

 Qの戦闘工作員として麻帆良に自ら潜入工作を行った際に

本物のダバとギャブレー並にアホらしい原因から

四季神人との間に因縁が生まれる。神人 相手には負けている事が多いのだが

要所要所で さりげなく功績を上げており、かつ非常に高い直接戦闘能力と

意外に高い指揮能力をも持っている事がQ上層部に認められて

後に、独立遊動部隊の司令に任じられて、その母艦として

レイブン級空母「スレンダースカラ」を与えられる事となる。

 彼の戦闘能力は、主にシルバーレイン系をメインベースとして

神人には後もう半歩で及ばないくらい。

 

姓名:未定(以降は便宜上「愛美用キャラ」と呼称)

種族:人間(戦闘機人)

性別:♀

年齢:宇津木愛美より一つ年上

身長(初登場時):一般的な幼女身長

身長(数年後):165センチ

スリーサイズ(初登場時):一般的な幼女よりは発育が微妙に良さげな程度

スリーサイズ(数年後):B89/W59/H90

IS:未定(お任せします)

使用デバイス:「柳葉刀」型(近代ベルカ式)

衣装デザイン:未定(お任せします)

備項:空戦可能

 容姿は『一騎当千(ゲーム版)』の「貂蝉」を

ほぼそのまま子供にしたような感じ(そのうち成長して貂蝉を

ほぼそのままな容姿になる)。一人称は「私」。

 キャラのイメージは『Vガンダム』の「クロノクル・アシャー」なのだが

喋り方は貂蝉そのまま(敬語の使い所は心得ている)。

転生前から女性だったのだが、男友達との付き合いによって

現在までにクロスしている作品の知識は一通りある。

 Qが技術交換で得た技術によって生み出された戦闘機人であり

超複雑な遺伝子調整によって魔法やISだけではなく

最初から能力者としての能力も持つように造られた超高性能機人。

ちなみに、ナカジマ姉妹みたく肉体が成長するタイプの戦闘機人である。

 海鳴でのロストロギア奪取作戦において、持ち帰る途中のロストロギアを

愛美に奪われて作戦失敗に追い込まれて以来、愛美との間に因縁が生まれる。

愛美 相手には負けている事が多いのだが要所要所で

さりげなく功績を上げており且つ意外にも結構な指揮能力と戦略眼の

持ち主だったという事がQ上層部に認められて、後に

ジャンボー級戦艦「アマザス」を旗艦として

他に数隻の次元航行型戦闘艦からなる艦隊の司令長官に任じられる。

 彼女の戦闘能力は、主にベルカ式魔法とISをメインベースとして

愛美には後もう一歩で及ばない程度(一応、飛竜一閃が使えれる)。

 

姓名:未定(以降は便宜上「龍斗用キャラ」と呼称)

種族:人間

性別:♂

年齢:陸堂龍斗より一つ年上

衣装デザイン:未定(お任せします)

 初登場時の容姿は『キャッスルファンタジア 〜エレンシア戦記〜』の

「ファイゼル・リッター」をほぼそのまま子供にしたような感じ(そのうち

成長して、ファイゼルをほぼそのままな容姿になる)。一人称は「俺」。

 キャラのイメージは『ガンダム0083』の「アナベル・ガトー」なのだが

喋り方は くだけた感じ(敬語の使い所は心得ている)。

 転生した先にて捨て子にされてしまっていたのだが

流浪中だったQ総統に拾われて彼女の手で育てられる。そのため

総統に恩義を感じつつ、総統も自分と同じく転生者だと知ったという事もあって

総統への忠誠心は誰よりも厚い。

 Qの戦闘工作員として冬木市にて聖杯戦争をQにとって都合が良くなるように

事前に仕向けるための工作活動を行った際に陸堂龍斗との因縁が生まれる。

 功績を認められつつ、なかなかの指揮能力の持ち主だという事が

Q上層部に認められたため、後に、ホエール級小型次元航行戦闘艦を

三隻からなる小規模艦隊の司令官に任じられる。

 彼の戦闘能力は、主にFate系魔術をメインベースとして

龍斗を微妙に上回っている程度。

 

 

レイブン級次元航行空母12番艦『スレンダースカラ』

武装:元ネタの方のレイブンと同じ

 独立遊動部隊の司令となった神人用キャラが座乗母艦として与えられた艦。

 デザインは、『マイティジャック』のゲスト敵メカ「レイブン」の

主艦橋の屋根に戦艦-三笠ばりな露天艦橋を設置したような感じ。

 主艦橋内後部に設置されているキャプテンズ・シートは

並列複座型(Z以降のガンダムシリーズのみたく)で、片方に艦長が座り

もう片方に神人用キャラが座るようになっている。

 レイブン級自体が、主に独立特殊部隊用の艦として建造されているため

そのコンピューターに組み込まれた(別項のQ自体の追加要項にある)

エミュレイター登録召喚システムには中級〜上級のエミュレイターが

優先的に登録されている。

 

スレンダースカラの艦長

性別:♀

身長:180センチ

衣装デザイン:未定(お任せします)

 容姿は『ソウルキャリバー「』の「アイヴィー(イザベラ・バレンタイン)」を

ほぼ そのまま。

 独立遊動部隊の司令となった神人用キャラの座乗艦である

レイブン級空母「スレンダースカラ」の艦長を務める女性構成員。

 スレンダースカラの個艦単位での細かい指揮と運営は彼女が取仕切っている。

 体型は無駄に特徴的なのだが、キャラは ほぼ没個性であり

モブキャラに剛毛が生えた程度である。敢えて正式姓名は決めずに

他のキャラからの呼ばれ方や地の文での呼称は専ら ただ単に「艦長」とだけで。

 

 

ジャンボー級次元航行戦艦5番艦『アマザス』

全長:290メートル

全幅:260メートル(主翼を含む)

全高:70メートル

武装:元ネタの方のジャンボーと同じ

 一個艦隊の司令長官となった愛美用キャラが率いる艦隊の旗艦。

 デザインは、『マイティジャック』のゲスト敵メカ「ジャンボー」をそのまま。

 艦橋内後部に設置されているキャプテンズ・シートは並列複座型(Z以降の

ガンダムシリーズのみたく)で、片方に艦長が座り

もう片方に愛美用キャラが座るようになっている。

 ジャンボー級自体が、艦隊旗艦用戦艦として建造されているため

そのコンピューターに組み込まれた(別項のQ自体の追加要項にある)

エミュレイター登録召喚システムには上級のエミュレイターが

ほぼ最優先で登録されている。

 

アマザスの艦長

性別:♂

衣装デザイン:未定(お任せします)

 容姿は『Vガンダム』の「アドラステアの艦長」をほぼ そのまま。

 一個艦隊の司令長官となった愛美用キャラが率いる艦隊の旗艦である

ジャンボー級戦艦「アマザス」の艦長を務める男性構成員。

 アマザスの個艦単位での細かい指揮と運営は、常に彼が全て取仕切っている。

 キャラは ほぼ没個性であり、モブキャラに剛毛が生えた程度であるのだが

もし、最終決戦にてアマザスが主役勢側の特攻で沈むような展開が

あったのならば、中田譲治ボイスで最期に

「かわせぇッ!!かわせんのか!?かわせぇええッ!!!!」

という、隠れ名台詞(?)を叫んでくれるかも?

敢えて正式姓名は決めずに、他のキャラからの呼ばれ方や地の文での呼称は

専ら ただ単に「艦長」とだけで。

 

 

ホエール級小型次元航行戦闘艦27番艦『ペールギュント』

全長:60メートル

武装:元ネタの方のホエールと同じ

 龍斗用キャラが司令官として率いるようになった小規模艦隊の旗艦。

 デザインは『マイティジャック』のゲスト敵メカ「ホエール」の

艦橋の屋根に戦艦-三笠ばりな露天艦橋を設置したような感じ。

 艦橋内後部に設置されているキャプテンズ・シートは並列複座型(Z以降の

ガンダムシリーズのみたく)で、片方に艦長が座り

もう片方に龍斗用キャラが座るようになっている。

 ホエール級は全長60メートルと小型ながらも、その何倍も大きな

管理局次元航行艦と ほぼ互角に戦えれる程の強力な攻防性能を有している。

 

ペールギュントの艦長

性別:♀

身長:166センチ

スリーサイズ:B99/W63/H96

 容姿は『ヘルタースケルター 〜白濁の村〜』の「各務小夜子」を

ほぼ そのまま。

 龍斗用キャラが司令官として率いる事になった小規模艦隊の旗艦である

ホエール級小型戦闘艦「ペールギュント」の艦長を務める女性構成員。

 ペールギュントの個艦単位での細かい指揮と運営は

常に彼女が全て取仕切っている。

 ボディサイズは無駄に特徴的なのだが、キャラは ほぼ没個性であり

モブキャラに剛毛が生えた程度である。敢えて正式姓名は決めずに

他のキャラからの呼ばれ方や地の文での呼称は専ら ただ単に「艦長」とだけで。

 ひょっとしたら最終決戦にて、主役勢側の大規模斬撃によって

ペールギュントの艦橋ごとブッた斬られてしまったりするかも?

 

 

 

……はい、一気に七人も(転生者は四人)提案してしまったら

物凄く長くなってしまいましたが、主立った転生者キャラに

それぞれ、ライバル・キャラとしてのQの構成員を付けようとしたが故ですね。

例によって、作者様の方で適当に編修した上で使って頂ければ幸いです。

 なお、前回に提案した「ゲスト悪役」の方々は、時には

上記のライバル・キャラ達の、時には部下という感じで出して頂ければ幸いです。