姓名:マコト・ド・ミュナギー

種族:惑星トゥーギハン人

性別:♀

年齢:不明(マミ・ド・トゥーギハン38世よりは年下。互いの年齢は、やや近め)

外見年齢:14

出身:EOF盟主国-神聖トゥーギハン帝国本星

身長:147センチ

体重:37キログラム

スリーサイズ:B-68/W-54/H-74

現職:査察官

前職:EOF皇帝(神聖トゥーギハン帝国皇帝)の側用人

固有装備:野太刀

容姿&衣装のモデル・イメージ:http://xrea.sakage.cc/file.php/8/8_1237022158.jpg/mai5.jpg

 現EOF皇帝(女帝)ことマミ・ド・トゥーギハン38世の幼馴染かつ寵臣。

EOF地球侵攻部隊(レザルード王国のゼレル部隊)に査察官として

派遣されてきた女性将校。

 皇帝と同じ星出身……つまりEOFの盟主国である

広域恒星系国家-神聖トゥーギハン帝国の本星の出身者である。

 神聖トゥーギハン帝国の首都内に居を構える蔵米取りの一下級貴族家の娘で

あったのだが、幼い頃に皇太子だった頃のマミ38世に才能などを見込まれて

彼女の一番の寵臣となった。そのこともあって、マミ38世への忠誠心は

EOFの誰よりも厚い……というよりもマミ38世とは相思相愛の仲である。

ただし、決して男嫌いというワケではなく、彼女もマミ38世も共に

両刀派である。

ちなみに、女顔かつ半女性体型な男が好みであり、ちょうど男の好みが

マミ38世と同じである事から、その辺でも話が合うため、査察官として

赴任する前の、惑星トゥーギハンに居た頃はプライベートと時に

マミ38世と その手の談義に花を咲かせていた。

 彼女の固有装備は、長さが自身の身長ほどもある野太刀。剣技は相当な代物で

ジェイル、レブラ、キリ、デュナセロ程度ならば圧倒し、

ブラッド・クライアを軽く いなし、土谷大地でも人間形態のうちにならば

十二分に苦戦させてみせる程である。

 エメノザ隊幕下の異星人のうち、以前のデシモ星系人のように

EOFへの反逆を事実上 公言したような不届きものを彼女 自ら処刑したり

することもある。