SAOでのビルド設定については詳しくないので作者さんに御任せ)

 

(また、WikiによるとSAOはアバターの再構築が行われた為に

 全プレイヤーが現実世界と同様の容姿と性別になっているそうなので、

 後述の三人の容姿は、リアルとアバターで全く同様の容姿と性別を

 しているという事にしてあります)

 

アバター名:クリスカ

姓名:関目羽美(せきめ・うみ)

(以降、容姿類は服装と装備類を除いてリアルとアバター共に共通)

性別:♀

年齢:18

誕生日:5月後半

身長:172センチ

スリーサイズ:B-94/W-60/H-91

容姿:『一騎当千 XTREME XECUTOR』の「関羽雲長」。

容姿補足:誠曰く「アソコの毛」は三姉弟の中で一番 濃く且つ長く発毛面積も

     超広大で、尻の谷間から後ろ穴の周囲や会陰や女性器の周囲を

     得て臍にまで届いている程なのだそうである。

     また、これまた誠曰く腋毛の長さ自体は それ程でもないのだが

     発毛量自体は かなり多いので結果的に濃い目となっている、

     のだそうである。

     ただし、これも誠曰く、耳毛は産毛すらも全く生えずに

     首から下の毛も 上記のアソコの毛と脇毛以外は産毛すらも

     全く生えきていないのでそうである。

一人称:私

二人称:弟達に対しては「お前」で

    他は相手に応じて「君」か「貴方」か「貴様」。

口調:堅物そうな感じの男口調。TPOに応じて敬語も使う。

服装:両腕用のフィット率が高い手首までの籠手の上に、

   フロントファスナーが付いて襟の広く

   腰部分に細いベルトループが縫い付けられた

   ジャンバー状のライトグレーの半袖セーラー服と

   群青色のマイクロミニスカート(プリーツスカート)を着用し、

   脚には膝部分に装甲が縫い付けられていてフィット率が無駄に高く

   尻の谷間の形までヌード同然に浮き出ている黒の長スパッツを

   直履きで着用し、焦茶色でフィット率の高い乗馬ブーツと

   『一騎当千 XTREME XECUTOR』の「関羽雲長」がしている

   グローブの手首以降のフィット率を下げた感じのグローブを

   着用したようなの。

   セーラー服の両肩には金のエポーレットが付いて、右胸には

   金の飾緒が付き、腰のベルトループにはオーソドックスな

   黒のベルトが通っている。

装備:眉尖刀

性格:堅物なようだが、思考は そこまで形に嵌っているわけではなく、

   それなりの柔軟性も併せ持ち、また、意外にも包容力も有る。

   基本的に人情家な方ではあるが、相手を程々に疑う事も心得ている。

   面倒見が良く且つ一種の統率力と決断力にも優れる。

その他キャラ設定:後述の二人の姉で、リアルでも その家の三姉弟で長子。

         下の弟の誠に誘われてSAOをはじめたのでSAOキャリアは

         誠よりは数日分だけ後輩(ちなみに、上の弟の洋とは

         完全に同期)なのだが、意外な適応速度でSAOに馴染み

         今では三人の中で一番の高レベルさである。

         下の弟である誠のセクハラ行為に ほとほと手を焼いており

         よく誠を叱責または叩く もしくは お尻ペンペン、

         あんまりにも酷いようだったら下の弟の洋と

         二人一緒に袋叩きにしている。ただし、

         弟達の事は内心とても大切に思っており、よく二人の事を

         気遣うような行為や言動をとっている。

         また、普段ならば、気を許しきれない相手に対して

         堅物げに接する事が多く誤解され易いところを

         上の弟の洋にフォローされたり彼に諌められたり

         しているのだが、時には、頭に血が昇ると

         周りが見えなくなりがちな洋を逆に彼女が諌めたり

         宥めたりするという場合も多い。

         希に弟達を庇ったり等して、悲痛な目(というか

         殆どリョナ展開)に遭ったりする事も有る。

         ちなみに、誠曰く

         「リアルでのくー姉の お尻は、風呂には入ってる筈なのに

          何故か いつも色んな意味でメチャクチャ臭く……あ、

          色んな意味でってのはモチロン良い意味でってのも

          十二分に含まれてるワケで……」

         とか

         「リアルでのくー姉のオ○ラは、音は超々重低音の物すんごい

          超ド派手な超特大爆音で、匂いも物すんごすぎまくりな

          程の猛烈すぎなので、至近距離で嗅いじゃったのならば

          あまりもの臭さで意識が遠のくのは ほぼ必至なんだけど、

          真に驚くべきは、そのガスの中には一種の

          フェロモンみたいなのが含まれてて、これまた一種の

          催眠効果だか催淫効果だか洗脳効果だかがあって

          嗅がされた者は臭さへの不快感と さっき言った効果の

          作用が綯交ぜになった妙な気分になって、無意識のうちに

          うー姉の言う事なら何でも従うようになってしまい……

          あ、そうそう。それから そのデカすぎる音の○ナラを

          つい人前でしちゃった時の くー姉の表情とリアクションと

          いうのがメチャクチャ可愛くて……」

         とか

         「さっき言った くー姉のオナ○の音や臭さの絡繰は実は

          うー姉は最低でも四日の感覚で便秘しまくってて

          半年に一回は必ずと言って良い程に一ヶ月強の重度のが

          来るから、やっと一気に全部 出た時のも

          メチャクチャ太くて長くてデカくて硬くて

          超々臭すぎまくりなんだけど、そんなのが出そうなのを

          我慢する時の くー姉の顔と仕草や、出す時の

          くー姉の お尻と 踏ん張り声と踏ん張り顔は

          すっげーエロすぎて弟の俺ですらムラムラしてくる

          程だから、他の男共が見たら悩殺必至」

         とか

         「むぅ……くー姉だって時折、俺やディー兄の お尻を眺めて

          ムラムラしてるくせにーッ!!」

         とか

         「くーっ……俺やディー兄に お尻ペンペンするのは

          俺達のお尻を合法的に触りたいからやってるくせにーッ!!」

         とか

         「くー姉だって、偶に一緒に風呂に入ってくれた時に

          俺やディー兄の お尻の谷間ばっかり集中的に念入りに

          洗いたがったり、俺らに自分の お尻の谷間を

          洗わせたりするくせにーッ!!」

         とか

         「いーじゃん!!いつも一緒に寝る時に、俺やディー兄に

          お尻を触らせてくれたり、だいたい、くー姉だって

          その時に俺やディー兄の お尻を

          撫で回しまくってるくせにーッ!!」

         とか

         「ぶっちゃけ、俺やディー兄に前○腺マッサージしたくて

          しょうがないくせにーッ!!」

         とかいうのだそうであり、彼の そういう発言を聞くと

         「こ、こら!!そんな事をこんな所で 大声で……」

         などといった風に赤面して慌てながら誠を

         怒る事が よくあるが、何気に内容自体には声を大にして

         否定する事が殆ど無いという事もあって周囲から

         その事を指摘されると、これまた赤面しながら吃ったりする。

          弟達に対しては厳しいようでいて、妙なトコロに限定して

         甘やかしているようである。

         なお、アソコの毛と腋毛は、誠が剃らないでくれと

         駄々を捏ねるのに加えて、洋も剃ってほしくなそうな表情で

         見てくるので、仕方なく今まで全く

         剃らずにおり、そのため海やプールで泳ぐ時などは、

         ローレグかつ胸元に菱形の大きめな穴が開いたハイネックの

         ワンピース水着を着用し、その上に、素材が

         水着用の物になったボレロを半袖かつ

         丈を鳩尾の高さまでにした感じの上着を

         着用しているのだそうである。

 

アバター名:ディーン

姓名:関目洋(せきめ・よう)

(以降、容姿類は服装と装備類を除いてリアルとアバター共に共通)

性別:♂

年齢: 17歳(16歳?)

誕生日:11月終盤

身長:170センチ

容姿:上記の関目羽美をそのまま小さくしつつ胸を無くして

   股間の性器を男性のソレに換えた感じ。ただし、後ろ髪の長さは

   腰よりも少し短い程度になっており、後頭部下方の根元にて

   結び束ねているため、真正面から見るとショートヘアのように

   見えなくもない。男性にしては肩幅が やや狭めで

   腰が細く括れてて、尻が丸くて大きいという

   半女性体型である(要するに俗に云う『男の娘』)。

容姿補足:誠曰く「アソコの毛」が生えてるのは

     普通に股間と臍の中間位置までと棒と玉の根元と周辺に生えてて

     玉袋自体にも少し生えてる程度なのだそうである。

     また、これまた誠曰く、何故か髭と序でに耳毛が全く伸びずに

     首から下の毛はアソコの毛 以外は産毛すらも

     全く生えてきていないのだそうである。また、羽美曰く

     容姿の割には「棒」の太さと長さも「玉」の大きさも同年代の

     男子を少し上回ってる感じで、弟の誠をほぼ凌駕しているのだ

     そうである。

一人称:俺

二人称:主に「お前」か「アンタ」。TPOに応じて「貴方」等。

    羽美の事はリアルでは「うー姉(ねえ)」と呼び

    SAO中は「くー姉(ねえ)」と呼ぶ。

口調:普通に男口調。TPOに応じて敬語も使う。

服装:細めで襠が股間にフィットする程に高い無地の括袴の上に、

   襟部分だけが青なグレーのトレンチコートを着用し、クリスカのと

   ほぼ同型ながらも手首以降のフィット率も高くなったグローブを

   着用している。

   トレンチコートの腰ベルトの左側には鎌倉太刀を佩刀し、

   群青色の腕章が付いている。靴はフィット率の高い

   短めな黒のブーツ。

装備:反りが浅めな鎌倉太刀

性格:基本的には程々に真面目で程々に不真面目(少なくとも

   弟の誠よりは真面目なのは確実)。ただ、心根は妙に熱く且つ結構な

   お人好しであり、敵対関係となった者に対しても 相手の事情に

   応じては同情してしまい、非常になりきれない事も屡々。

   責任感も強めなのだが、やや頭に血が昇りやすく

   頭に血が昇ると周りが見えなくなりがちであり且つ、責任感が

   却って災いして無茶をしがちになる事も。

その他キャラ設定:前述の羽美の一つ下の弟かつ後述の誠の二つ上の兄。

         リアルでも その家の三姉弟で次子。

         下の弟の誠に誘われてSAOをはじめたので

         SAOキャリアは誠よりは数日分だけ後輩(ちなみに

         姉の羽美とは完全に同期)なのだが、意外な適応速度で

         SAOに馴染み、今では三人の中では、姉の羽美に次いで

         二番目の高レベルさである。

          男性でありながら、女顔かつ半女性体型という

         自分の容姿の事を気にしているのだが、その容姿と

         いうのが、姉の羽美をマトリョーシカ人形の如く

         ほぼ そのまま小さくしつつ性器類だけを男性化させた

         ようなのであり、彼自身は鏡に映った自分の姿を

         眺めながら

         「うー姉の顔立ちとかが『カッコいい系』だったのが

          せめてもの救いだな、ホント……」

         と、皮肉げに漏らした事がある。

         ただ、姉の事は慕っている為、姉と全くと

         言ってもよい程にソックリな容姿に生まれた事は

         嬉しくない事も無いようなという

         複雑な心境も抱いている。

          下の弟である誠のセクハラ行為には姉の羽美と共に

         ほとほと手を焼いており、彼に対して呆れる事も多く

         場合によっては拳骨をくらわせるか、あんまりにも

         酷いようだったら姉の羽美と二人一緒に袋叩きにしている。

         ただし、誠の事は兄という事もあって放っておけないようで

         誠に対してツッコミを入れたりしつつも、世話を焼くような

         行為や言動をとっている。

         それほど表に出す訳でもないのだが、姉の羽美に対しては

         心酔……という程でもないのだが強く慕っており、姉が

         自分を庇って悲痛な目に遭ったならば数瞬ほど相応に

         動揺するが、すぐに今度は怒り狂って姉を傷付けた

         対象に猛攻をけしかけたりするが、その際は やはり

         剣先が荒くなりがち。また、羽美が悲痛な目に遭う際に

         庇った対象が弟の誠だった場合は動揺する誠を宥めたりも

         しているが、こちらの場合は弟を落ち着かせてやらないと

         という責任感が 頭に血が昇りきるのを防いでいるようで

         そこまで怒り狂う事は無い。

          普段ならば、気を許しきれない相手に対して

         堅物げに接する事が多くて誤解され易い姉の羽美を

         フォローしたり諌めたりしているのだが、彼自身は

         頭に血が昇ると周りが見えなくなりがちであり

         そうなった場合は逆に姉から諌め宥められる側となる。

         ちなみに、誠曰く

         「くーッ!!ディー兄だって、くー姉の お尻だけじゃなく

          俺の お尻まで眺めてムラムラしまくってる

          くせにーッ!!」

         とか

         「ディー兄なんて、くー姉の乳首をしゃぶりながら

          うー姉に お尻を撫で回して貰わないと夜

          寝られないくせにッ!!挙句の果てには

          その時に くー姉の お尻を

          モミクチャしまでしやがって……あ、まあ、これに

          ついてだけは俺も人のコト言えないんだけど」

         とか

         「なんだよッ!!俺が くー姉に悪戯で

          カ○チョーした後で、俺が他のモノを触ったり

          手を洗ったりしないうちに、俺の人差し指の匂いを

          嗅ぎたがるくせにッ!!」

         とかいうのだそうであり、彼の そういう発言を聞くと

         「バ、バカッ!!んなコト人前で大声で言うんじゃ……」

         などといった風に赤面して慌てながら誠を怒ったり、

         「わー!わー!!わーッ!!!!」

         と これまた赤面しながら叫んで誤魔化したりするのだが

         やはり姉と同じく、何気に内容自体には声を大にして

         否定する事が殆ど無いという事もあって周囲から

         その事を指摘されると、これまた赤面しながら

         吃ったりする。

         他にも、誠から羽美の体に関する いやらしい部位の事を

         いやらしげに褒めるような話題を持ち掛けられた際には

         「あー、そうだよなぁ……なんせ、くー姉のアレは

          正に…………って、なに言わせんだよッ!!」

         と、いう具合に つい迎合してしまい、自分の言動に

         気付くと慌てて誠を怒り出すという事も屡々である。

          三姉弟の中では、ある意味で一番

         『今時の男性主人公』っぽい感じであると言える。

 

アバター名:アドル

姓名:関目誠(せきめ・まこと)

(以降、容姿類は服装と装備類を除いてリアルとアバター共に共通)

性別:♂

年齢: 16歳(15歳?)

誕生日:2月中盤

身長:166センチ

容姿:上記の関目羽美(および関目洋)をそのまま小さくしつつ

   胸を無くして股間の性器を男性のソレに換えた感じ。

   ただし、後ろ髪の長さは腰よりも少し短い程度になっており、

   後頭部下方の根元にて結び束ねているため、真正面から見ると

   ショートヘアのように見えなくもない。男性にしては肩幅が

   やや狭めで腰が細く括れてて、尻が丸くて大きいという

   半女性体型である(要するに俗に云う『男の娘』)。

容姿補足:羽美と洋曰く、某神楽坂明日菜の如く所謂『パイパン』 。

     また、これまた羽美と洋曰く、何故か髭と序でに耳毛が

     全く伸びずに、更には首から下の ありとあらゆる毛の全てが

     産毛すらも全く生えてきていないのだそうである。

     また、羽美曰く「棒」の太さと長さも「玉」の大きさも

     同年代の男子よりも微妙に下回っており、また、兄の洋よりも

     相応の差で劣っているのだそうである。

一人称:俺

二人称:主に「お前」か「アンタ」。羽美の事はリアルでは

    「うー姉(ねえ)」と呼んでSAO中は「くー姉(ねえ)」と呼び、

    洋の事はリアルでは「洋兄(よーにい)」と呼んで

    SAO中は「ディー兄(でぃーにい)」と呼ぶ。

口調:普通に男口調(兄よりは少し砕けた感が強め)。

   TPOに応じて敬語も使う。

服装:襟部分だけがスーツ風になった青み掛かったダークグレーの

   上下繋ぎな作業服を着用し、ディーンの物と同型なグローブを

   着用している。作業服は、胴体と 尻と下腹部から

   太腿の中間より上の辺りまでのフィット率は高いが、脚部の

   そこよりも下は かなり緩くなっており、袖のフィット率は並

   である。作業服は上下繋ぎではあるが、腰より少し下の位置で

   ファスナーで繋がっている構造なので、上下を分け離す事が

   出来るようになっている。作業服の腰には男物の角帯を巻いて

   肩から背中に掛けては和服の袖をたくし上げるのに

   使うタイプの襷を巻いて腰の角帯の左腰側と

   襷の背中部分に大脇差を一本ずつ帯刀している(背中側のは

   左手で抜くため、柄を右肩側から出している)。

   靴は丈が少し長めになった鴨沓で、作業服の裾を

   ブーツインにしている。

装備:大脇差×2(二刀流)

性格:お調子者で人をからかうのが大好きであり、ある種のムードメーカーで

   あるとも言える。しかし、意外にも努力は怠らない方かつ

   それほど表に出すワケではないが これまた意外にも負けず嫌いな所があり、

   また、これもまた意外と繊細かつ妙なプライドの高さが有り

   姉と兄を慕い且つ何だかんだと言いつつも優しくしてくれたり

   危ない時等に自分を助けてくれる二人への感謝の気持ちと

   二人への劣等感という相反する意思が綯交ぜになった複雑な感情が

   内心で渦巻いており、普段の お調子者具合は(半分は素だが)そういった

   感情を自分自身に対して隠し誤魔化す為という側面も有している。

   人をからかうのは大好きなのだが、ネチっこく狡猾かつ詐欺まがいに

   人の心を弄ぶような やり方を行った者に対しては激しい憤りを示し

   強く厳しい発言・批判を浴びせる。

その他キャラ設定:前述の、羽美の三つ下の弟かつ洋の二つ下の弟。ただし

         二つ下とは言っても早生まれな為、学校の学年は洋より

         一学年 下なだけである。リアルでも その家の三姉弟で

         第三子かつ末っ子。

         羽美と洋をSAOに誘ったのは彼であり、SAOのキャリアは

         二人よりも数日分だけ長い筈なのだが、二人が

         意外な適応速度でSAOに馴染んだ為、レベル等は今では

         三姉弟の中で一番下である。一応、三姉弟の中では一番下と

         言えども、充分に高レベルかつ強い部類に入るのだが、

         元々、二人をSAOに誘った事自体がリアルでの学校の

         各種成績類をはじめとして色んな面で どうしても二人に

         届ききらない自分が、数日分の長があるSAOでならば

         二人の上位に立てれる筈だと踏んだが故であり、

         自分の方がSAOでは数日分 先輩だった筈なのにも

         関わらず、今ではレベルは二人に越され戦闘面や準備面でも

         二人の方が誠よりも器用な感じとなっているという

         事実によって余計に姉と兄への劣等感を募らせる事と

         なっている。

          男性でありながら、女顔かつ半女性体型という

         自分の容姿の事を気にしているのだが、その容姿と

         いうのが、姉の羽美(および兄の洋)を

         マトリョーシカ人形の如く ほぼ そのまま小さくしつつ

         性器類だけを男性化させたようなのであり、彼自身は

         鏡に映った自分の姿を眺めながら

         「うーん……まあ、洋兄も言ってたけど、うー姉の

          顔立ちとかが『カッコいい系』で良かったよホント」

         と、漏らした事がある。ただ、姉や兄の事は劣等感の

         対象ながらも何だかんだと心根では慕っている為

         姉や兄と全くと言ってもよい程にソックリな容姿に

         生まれた事は嬉しくない事も無いようなという

         複雑な心境も抱いている。ただし、兄の洋とは違って、

         ハッキリ言って男性ではなくてド貧乳な女性に見える

         という自分の容姿を利用して、敢えて女装してから

         裏声を出して女性のフリをしてナンパして奢らせたり

         している。

         また、姉や兄とは違って15歳以上にもなって自分だけ

         「アソコの毛」が全く生えてこない事にコンプレックスを

         抱いているのだが、その一方で、その事を(半ば自棄に

         なっているという側面も有るが)上手いこと利用して

         海やプールで泳ぐ際には、股上が深めな

         Tバックを着用しつつAAカップ用のストラップレスな

         チューブブラを着用して、股間の控えめ寄りながらも

         確かな膨らみ具合の所為で男だとは分かってしまうながらも

         その容姿によって男性だけではなく、やや腐の素質を

         秘めたような女性すらをも誘惑し、上手いこと

         貢がせ……もとい奢らせたりなどもしている(ただし、

         羽美や洋にバレると二人に即効で袋叩きにされている)。

          姉の羽美を中心的にセクハラ行為を働いて誂おり、

         その度に姉ばかりか兄の洋にまで怒られたり実力的制裁を

         くらわされたりしているのだが、それらの行為は姉と兄への

         憧れの気持ちと二人への劣等感が綯交ぜになった

         複雑な感情から来るモノであり、実際に二人への

         セクハラ発言の内の幾つかには内容自体は寧ろ褒めている

         モノがある。

         姉と兄からは、危ない所を助けてもらったりする事が

         あり、心の底の本心からは その事をいつも凄く感謝している

         のだが、心の片隅では却って劣等感が煽られてもいる。

         また、姉の羽美や兄の洋が自分の事を庇ってくれた為に

         悲痛な目に合う事になった際は、日頃からの二人への

         劣等感の延長で、自らの力の足りなさによって

         姉や兄が酷い目に合う事になったんだと(露骨に表に出す

         事は少なめだが)自分を責めたりする事も。

          ちなみに『互いの性欲の捌け口となり合うのが

         異性兄弟のツトめ』というのが彼の持論なのだそうで

         よく姉の羽美に

         「いーじゃん、姉弟なんだしさぁ……つーか、そもそも

          こういうのは異性兄弟同士の特権だろ!?」

         と、言って肉体行為をねだっている(流石に本番を

         ねだったりまでは しないが)。

         また、本人曰く

         「まあ、ハッキリ言って実の姉とは判っていれども

          くー姉の胸や お尻とかは見ててムラムラしてくる」

         とか

         「ぶっちゃけ、ディー兄の お尻も、実の兄かつ男だとは

          わかっていても見てると何かムラムラしてくる」

         とか

         「よく くー姉だけじゃなく洋兄や学校の同じクラスの

          男子まで俺の お尻をチラ見してくるのが、結構

          気になってたんだけど、風呂に入った時に鏡に写った

          自分の お尻を見てると洋兄や男子共の気持ちも

          よく判るような気がしてきた」

         とか

         「くー姉ならば、大抵の痴漢類は単独で完全に返り討ちに

          できるだろうから心配ないだろうけど、万が一に

          本当に くー姉をリアルでレ○プしたってヤツがいたならば

          とりあえずソイツ殺す。くー姉を○イプできるような

          ヤツに俺が向かっていっても返り討ちにされるのが

          オチだって思うかもしれないけど、くー姉に そんな

          酷い事をしでかしたようなヤツは絶対に許せんから

          相打ち覚悟で とにかくブチ殺しに行く」

         なのだそうである。

         また、もしもキリトに会って親しくなったのならば

         「へー……ま、アンタも その顔立ちだと、そのうち

          『後方のアッー!』を狙われるかもしれないから

          精々 気を付け……いや、キリトの場合は俺や

          ディー兄と違って お尻への肉付具合が貧弱そうだから

          意外と心配ないかな?」

         と、言うと思われ、更には、親しくなった

         他のプレイヤーキャラに対しては

         「いやー、しっかし、リアルでのくー姉の お尻や○ナラの

          凄まじすぎる匂いは是非とも みんなにも嗅がせて

          やりたかったよ。いやもう、SAOが個体や液体の

          排泄類まで再現とは言わないから、せめて

          体臭と気体の排泄類くらいまで再現されてたらなぁ……」

         等と言ったりすると思われる。