姓名:ナオスケ・キシビ(岸日直輔)

性別:♂

人種:和国人

出身地:伊勢国(尾張国 育ち)

元の職業:網元

年齢:27

身長:165センチ

容姿:『StarrySky』の「陽日直獅」の身長を少し伸ばしたようなの。

一人称:俺。希に自分。公の場で上官と話す時はワタクシ。

二人称:君。まれに貴方かアンタかオマエ。上官に対しては役職名か階級で呼ぶ。

    公の場にて階級が下の者に対しては貴様か貴官。

口調:普通に男言葉で、希に少し粗野っぽい言葉遣いもする事も。

   当然ながら上官に対しては敬語。

服装:第二次大戦期の旧日本海軍の第3種軍装

階級:中佐

役職:潜水隊司令

座乗艦:潜水艦-伊六四

キャラ設定:和国海軍の士官で、三隻の潜水艦からなる一個潜水隊の司令。

       彼が誕生した際に、彼の母親は一時的に伊勢国の実家に

      戻っていて、そこで彼を出産したのだが、それからすぐに

      赤子だった彼を連れて、また嫁ぎ先の尾張国に行ってしまった為、

      彼の生まれは伊勢だが、育ちは完全に尾張である。

       自分の信じる道には一生懸命で、それに対しては頑固でもあり

      律儀でもある。根は真面目な方なのだが、やはり潜水艦乗りらしく

      頭は固いワケではなく寧ろ柔らかめで堅苦しい感じは無く

      冗談を言って皆を笑わせる事もある。

      しかし、潜水隊の運営や戦闘指揮においては、部下達の意見にも

      よく耳を傾けた上で本当は何が最善なのかをしっかりと判断し、

      また、決断力にも優れるという中々優秀な指揮官ぶりを見せる。

      ちなみに27歳にもなる男性の割にはいう

      童顔かつ背が低めである事を気にしている。

       自分の座乗艦である潜水艦-伊六四の艦長である後述の

      ミドリ・タウラ大尉は海軍兵学校の学生時代の後輩であり

      その頃から互いに親交が有った仲でもある。

      また、水上艦の艦隊指揮官類が戦闘時も ほぼ常に

      号令を出しすとかしながら自分の艦隊を指揮しているのに対して

      自分の場合は、潜水隊という性質上、戦闘前の ちょっとした

      作戦立案や打ち合わせの取り纏めをしてみる程度で、実際に

      戦闘が始まれば時折 本当に大まかな指示を自分の座乗艦の艦長に

      出す程度で、殆ど見物人と化している状態に

      不満を漏らしたりする事もあるが、その際には

      後述のミドリ艦長に励まされて、自分の役目と

      本分を果たそうとする。そういう事もあってか、戦闘での

      潜水隊指揮面よりも潜水隊の管理・事務処理面の方で力を

      発揮している感じである。

       ガリア派兵海軍が展開している海域よりは東側の海域にて

      帝国に対して通商破壊と艦隊泊地夜襲などを行っていたのだが

      指定海域潜伏期間の終了間近になってから潜水隊の僚艦が

      結構な損傷を負ってしまい、ちょうど戦闘を繰り返すうちに

      偶然にも西の方へ向かっていってしまった末に

      ガリアの軍港のうち和国の派兵軍が停泊している軍港の

      近くまで来ていた為、それを良い事に其処で暫しの休息と各艦の

      補給・修理を受けさせてもらおうと立ち寄ったのだが、

      その後、諸事情あって、派兵軍上層部の要請と

      和国本国からの無電によって、派兵軍の一作戦の終了までの間だけ

      一時的に派兵軍の指揮下に入る事に。

台詞集:「まあ、俺だって軍人だ……戦争があれば

     国の為に戦う……それだけだ………ま、俺の潜水隊に対して

     理不尽すぎる命令が下されつつあるなんて事があったりしたなら、

     せめて自分の地位的権限と戦局的余裕が許す範囲だけでも

     可能な限りの妥協を引き出させるまで食い下がるつもりだけど」

    「そうか……よし!……艦長、やってくれ!!」

    「お、君らがイーディ・ネルソン上等兵と

     ホーマー・ピエローニ上等兵だったか?

     わざわざ御苦労。当 潜水隊を預かっている

     ナオスケ・キシビ中佐です。それで、使者の任で来たそうだが

     その内容は?」

 

姓名:ミドリ・タウラ(田浦碧)

性別:♀

人種:和国人

出身地:筑前国

元の職業:忍

年齢:25

身長:164センチ

スリーサイズ:B-90/W-59/H-86

容姿:『舞-HiME』の「杉浦碧」と『舞-HiME』の「ミドリ」の

   ボディサイズを弄ったようなの。

   なお、細かい顔立ちは「杉浦碧」の方のイメージだが

   表情のパターンと身長は「ミドリ」方に近いイメージ。

一人称:私。公の場や然程 親しくない上官と話す時のみワタクシ。

二人称:同格者か格下者に対しては、お前か貴様かアンタ。上官に対しては

    役職名か階級で呼ぶ。兵学校での先輩と後輩の間柄で親しかった

    ナオスケ中佐に対してだけは、敬語は敬語でも どこか砕けた感じの

    敬語で話す。

口調:男口調と女口調の中間くらい(今は、某 川澄舞みたいな言葉遣いだと

   思っておいておかれたし)。

   戦闘時に指示を出す際にのみ完全に男口調。

服装:第二次大戦期の日本海軍の第3種軍装だが

   下半身に穿いた物がズボンではなく

   http://livedoor.blogimg.jp/gazochi/imgs/2/4/24989a6c.jpg

   のと 使用素材やフィット率が全く同じな白の長スパッツに

   変更されている(長スパッツは直穿き)。

階級:大尉

役職:潜水艦の艦長

乗艦:潜水艦-伊六四

キャラ設定:和国海軍の士官。ナオスケ中佐の潜水隊の旗艦つまり

      彼の座乗艦である潜水艦-伊六四の艦長。

       相当すぎるまでの明朗闊達で知られる潜水艦乗りとしては珍しく

      クールかつ感情の起伏と表情の変化が乏しそうな感じだが

      実際には(半分は素だが)部下思いで心優しい方であり

      微笑を浮かべたり さりげなく冗談を言ったりする事が

      よくある為、この辺りは、やはり彼女も潜水艦乗りであると言える。

      しかし戦闘面では、殆ど その裏返しであるかのように

      敵に対しての相応の冷徹さを見せる。

       彼女の実家は忍の家系であり、船への憧れもあって海軍に

      志願して潜水艦乗りを目指したのだが、そのワケは

      「潜水艦、それの在り方こそ正に『海の忍』」

      と感じたからであり、潜水艦乗りとしての自身に

      強い誇りを持っている。

       若いながらも的確な判断と指示で船員達を導き

      彼らの信頼を勝ち得た強き女性であり、上官である

      前述のナオスケ司令からの信任も非常に厚い。

       彼女の艦を潜水隊旗艦として座乗している

      ナオスケ・キシビ中佐は海軍兵学校の学生時代の先輩であり、

      その頃から互いに親交が有った仲でもある。

台詞集:「私は……ナオスケ司令にはナオスケ司令にしか為されない

     大切な任務があると信じてます」

    「敵艦正面!航海長、面舵10度!」

    「イーディ・ネルソン上等兵にホーマー・ピエローニ上等兵……

     当 伊六四へようこそ……私が艦長のミドリ・タウラ大尉です。

     ……ナオスケ・キシビ司令の居室まで案内させる」

 

名前:ハナ

性別:♀

種族:猫

役職潜水艦-伊六四:の鼠退治用猫

乗艦:潜水艦-伊六四

キャラ設定:潜水艦-伊六四の艦上にて、試験的に鼠退治用および

      乗員メンタルケア用マスコットとして飼育されている数匹の猫達

      のうちの一匹で、猫達の中で最年長。

 

「伊六四型潜水艦『伊六四』」

大きさ類と速力と航続距離:史実の『伊四〇〇型潜水艦』と全く同じ。

兵装:53センチ魚雷発射管 艦首6門、艦尾2門(魚雷総本数20本)。

   40口径12.7センチ連装高角砲(戦艦-大和の

   完全シールド砲塔タイプのと全く同型)2基。

   25ミリ3連装機銃3基、同単装1挺(どちらも前面にのみ

   小さめな板状のシールドが取り付けられている)。

装備補足:シュノーケル、艦首に史実の伊一五四型潜水艦と同型の

     防潜網カッター(甲板側の物のみ起倒式となっている)、

     味方潜水艦との短距離交信用の水中電話と水中用モールス信号送受信機、

     フローティングアンテナ、遭難時のSOS発信用曳航式通信ブイ

スペック補足&艦容等:一見、史実の伊四〇〇型潜水艦と

           全く同じように見えなくもないが、実際には

           前述にもあるように、伊四〇〇とは違って、まず、

           魚雷発射管が艦首と艦尾に やや分散している。

           他にも艦後部の14センチ砲が 上記のような

           砲塔型の12.7センチ連装高角砲に

           置き換えられており、更には艦前部の水上機用の

           カタパルトが無くなって代わりに艦前部にも

           後部の物と全く同型の連装高角砲が

           もう1基だけ装備されている。

           それから、これまた上記のように各機銃には

           前面にのみ小さめな板状シールドが取り付けられている。

           それと、史実の伊四〇〇型と違って

           水上機は全く搭載しておらず、

           水上機用格納筒に相応する部位のデザインは

           史実のと全く同じなのだが内部構造は違っており、

           こちらの物では潜水隊司令部を収納する為の

           設備となっている(最後の連合艦隊旗艦となるに

           当たって内部を連合艦隊司令部設備に

           改装された以降の大淀型軽巡の

           元・水上機用格納庫みたいな感じ)。

           それから、艦尾内には舵取機室も設置されている。

           現代の自動車と同じようにエンジンを稼働させたまま

           スクリューだけを止めたり、エンジンを切った状態でも

           艦内の各種電気機器類は 艦内発電器の電力が

           尽きない限りは使用し続ける事が可能である。

           あとは、旗艦用潜水艦として開発された

           という事もあって指揮・通信性能が他の

           和国製潜水艦よりも優れており、また、

           電子関連と自動化関連の部分が史実の

           ビスマルク級戦艦よりは少し劣るくらいまで

           進んでいるのに加えて 史実の伊四〇〇型と

           違って水上機の搭載機能が全く無くなった

           という事も あって、史実の伊四〇〇型よりも

           必要乗員数が少し減っている。あと、乗員数が

           減った分、末端兵員用の居住性が少し上昇しており、

           艦内設備の一部は合衆国側のモノを参考としている為、

           艦内には 超々小型郵便局、神宮寺風で各宗派への

           使い回しが可能な中型祭壇、各種西洋宗教への

           使い回しが可能な広めな電話ボックス型チャペルと

           それに併設されている共同大型本棚が一つずつ

           設置されている。

発令所内部構造:各種シート類と潜望鏡の配置は

        http://img5.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/d2/b6/ash1saki/folder/1490893/img_1490893_43957225_7?1187947592

        http://img5.blogs.yahoo.co.jp/ybi/1/d2/b6/ash1saki/folder/1490893/img_1490893_43957225_6?1187947592

        と全く同じとなっており、艦長席も二枚目の画像と

        全く同じように最前部に、そして他の

        最前部シートよりも少し高く且つ少し後ろに

        下がった配置となっている。戦闘時のナオスケ・キシビ司令の

        配置は、艦長席の すぐ左斜め後ろに立つのがデフォである。

        また、そもそも発令所内部のデザイン自体も

        上の二枚の画像の物を第二次大戦期中風に

        レトロチック化させたような感じとなっている。

        ちなみに、発令所側の操舵装置は(上の画像のと

        ほぼ同じように)当時の艦としては珍しく操縦桿型となっている。

        なお、司令塔側と舵取機室側にも操舵装置は有るのだが

        コチラの物は操舵輪となっているものの

        操舵輪自体が他艦の物と比べて小型かつ操舵士用の椅子も

        設置されている。

露天艦橋構造:露天艦橋にある二つの双眼鏡は戦艦-大和の第一艦橋の物と同じく

       椅子付きとなっている。また、露天艦橋の最前部の

       ほぼ左右両端には足掛け付きの椅子が一つずつの計二つが

       並列複座風に設置されており、このうち左側が艦長席で右側が

       潜水隊司令をはじめとする艦隊指揮官類が座る為の席となっている。

       ちなみに、上記のような各椅子は、浮上直後に軽く拭けば

       すぐに座れるように分厚い革が張ってある(要するに水を

       吸わない)。

艦隊司令部類収納設備:前述にもあるように、史実の伊四〇〇で云う所の

           水上機用格納筒に相応する部位の内部には水上機を

           搭載する為の設備等は全く整っておらず、その内部は

           潜水隊司令部を収納し運用する為の設備が

           搭載されている。なので、ナオスケ・キシビ中佐の

           潜水隊の司令部も此処に配置されており、

           彼の居室およびソレと直通した簡易作戦会議室も

           この部位に設置されている。

艦長:ミドリ・タウラ大尉

概要等:ナオスケ・キシビ中佐が司令を務める潜水隊の旗艦であり、彼の座乗艦。

    当時の潜水艦としては非常に珍しく、全長122メートルと

    かなりの大型艦である。これは「潜水隊『旗艦仕様』潜水艦」として

    潜水隊司令部を収納・運用する為の設備や、旗艦として必要な

    指揮・通信機能を充分に装備させる為の措置ゆえにである。

 

補足:本来の伊四〇〇は本作の設定年代よりも九年後に開発される筈なのだが

   これは、あくまでも艦影のモデルとして使っただけの事であり、また

   水上機の搭載機能が無くなった分だけ退化しているとも解釈できなくも

   ない為、こういう形でならば、この時代に登場させても大丈夫な筈だと

   判断したが故。

    また、史実の日本海軍にも『伊六四』という名前の潜水艦は実在した

   のですが、コチラの伊六四は名前だけが同じな完全なる別物だと

   思っておいておかれたし。

    それから、『司令部』というモノが存在するのは

   連合艦隊、艦隊、戦隊までで、駆逐隊や潜水隊のモノは厳密には

   司令部とは呼ばないのだが、呼び分けが面倒な為、前述のように

   ナオスケ司令の潜水隊のモノは便宜上「司令部」と呼称させて頂く。

補足2:潜水隊は、水上艦隊とは違って各艦が水中に潜っている為

    味方艦同士で交信を行ったりする事は よほど近づかない限り

    不可能なので、潜水隊の場合は戦闘開始前の浮上している間に

    司令の指示で どの艦が どの方向を担当するかと戦闘終了後は

    どの辺りに集合するかだけを決めて、戦闘終了までは各艦が

    別行動を行うという事実上の単艦戦闘か、または出港前に

    旗艦(の音紋)がこういう行動を起こしたら

    こうするんだとかって決めておきつつ各艦の大まかな役割分担を

    決めておいて、後は各艦長に任せつつも司令は座乗潜水艦の機器類が
    拾って表示した音の情報を頼りに戦況および各艦の損傷具合、

    そして自分の座乗艦以外の艦が何らかの行動を起こしたらしき際には

    その艦に 何が起こって艦長が何を思って行動を起こしたのかを

    判断して、戦闘続行か撤退かの決定を下す……等と言ったような

    感じである。

    (実際に史実にて、潜水隊司令は戦闘が始まれば半見物人化する

     という性質から不要論が出た事もある)

補足3連邦側の構成国の一つである島国(イギリスに相応)では

    海軍艦艇内にて鼠退治用に猫を飼っており、それが乗員達の

    メンタルケアにも繋がっていると聞いた和国海軍では

    空母-加賀をはじめとした一部の艦に、試験的に猫を鼠退治用と

    乗員メンタルケア用として数匹ずつ乗艦させて飼育しており、

    この潜水艦-伊六四も猫を数匹 乗艦させている一部の艦の

    一つである。

     なお、あくまでも試験的な事なので、和国海軍の全艦に

    乗せているワケではなく、加賀をはじめとした一部の艦のみにである。

特殊補足:ナオスケ・キシビの項にもあるように、この二人は和国海軍所属ではあるが

     別に派兵軍所属というワケではなく、諸事情あって一時的に派兵軍の

     指揮下に組み入れられるという所謂『ゲスト・キャラ』というポジを

     希望・想定してあります。

     ただ、作者さんの方で、どうしても この二人を派兵軍所属として

     レギュラーか準レギュラーにしたいというのであれば、

     そうして頂いて結構ですが、ただし、その場合は伊六四に

     陸軍の憲兵の中から水泳可能かつ船酔いに強くて

     思考が型に嵌っておらず更には親海軍感情を抱いている者を選抜して、

     監視というよりは陸側との連絡補助用として一個分駐所ぶんだけ

     乗艦しているという事にしておいてほしいのです。作中での

     理由設定としては、空母系ので書いたテツジロウ中将がリュウ少将の顔を

     立てておく為に取った処置の余波と、やはり潜水艦というのは

     和国海軍全体から見ても特殊寄りな艦種だからという辺りで。