翻訳文付き

原文:http://car.faw.com.cn/car/2005shczzt.jsp#
翻訳:http://www.excite.co.jp/world/chinese/
赤旗の高級車HQ3の誉れの見得

20050421151610218.jpeg
20050421151610843.jpeg

于明年発売する赤旗の高級車HQ3を

赤旗ネットの上海の特電 今日、 “第1自動車”は上海でモーターショーの開幕する“第1時間”を奪い取って、全国からのメディア界の人士の目撃証言のもとで、旗の下で多いブランドの自主的に製品のために新車の除幕式を行った。一金一金の新車の異彩は盛んに露呈して、きらめいて登場する。最も関心を持たれたのは全体の儀式のが軸のよい芝居--赤旗のブランドの新車の開幕をおさえるのだ。

赤旗のブランドは2台のハイエンドの車に見得を切て、1項見通しのために08年に発売した元の首級の席の運転するトップクラスの概念の車HQD、別の1項は豊田と協力で開発する、于明年発売する高級車HQ3を。この金の車は1項言うことができてとても中国、とても民族、中国の文化の伝統を受け継いで、また存分に中国の自動車のを体現していて自主的に設計して能力を開発する;別の1項はもっと多く1種の国際化の協力の能力を体現していて、導入して、消化、吸収するのが最後に自主的に発展する避けて通ることのできない道を実現するのなためだ。

赤旗HQ3はオープン型をとって自主的にモードを開発して、ハイエンドの品質、高度の安全、全面的で心地よい(“2高一全”)の行為で理念を開発する。国外の先進的な装備の技術を参考にして、存分に一汽の技師を発揮して国内の道、に対して環境とユーザーの需要の掌握する情報を使って、車の性能を整えることに対して、造型の風格は制御して、関連品質、安全と快適性の方案に対して繰り返し考慮を試験して、心をこめて製造する尊敬する高級車型。

多くの項目の先端の科学技術の応用はこの車の最大の特徴だ:まず、現在の同じクラスの製品のすべて備えない夜間の可視能力システムを採用した。中国の現在の道の情況に対応して、赤旗HQ3は照明の情況がない下に赤外線を通して100メートル以内人の目の識別することができない障害物を識別することができて、信号を通して車に入ってきてコンピュータを載せて、更にデータの形式に転化してウィンドシールドガラスの右の下で角まで(へ)投げて、効果的に夜間の交通事故を免れる。第2、高い効率のは自ら避けてシステムにぶつかって、マイクロ波のレーダーを通して、コンピュータは自ら車を識別して離れて、車と障害物で瞬間に接近して、シート・ベルトは自ら緊縮させて、エンジン、車台は同時に制動して、効果的に衝突を緩和して、安全性を高める。第3、情報の投影する機能は天井クレーンの状況のデータに直接前で風よけの上のデータのついたてを投げさせて、運転者に頭を下げて車のスピード、水温、道のりなどの風采を調べさせる必要はない。事故率を下げて、安全性を高める。

運転者の快適性と安全性の方面で、赤旗HQ3は多くの項目の優位を備える。HQ3は今の伝統の高級車の6エアバックの設置を越えて、ひざの部のエアバックを増加する。座席とサイドミラーの3位置の記憶は連ねて動いて、座席を調整したことを免れた後に更にサイドミラーの面倒を調整する。鍵の扉があるか機能に鍵をかけることを備えて、車の持ち主が一定の距離を離れた後に、磁性の感応を通して自ら車に鍵をかけて、自動車の一定の距離内の感応の車に入って鍵をかけて自ら開けて、押しボタンはエンジンをスタートさせる。

この製品は存分に現代の科学技術の自動車の領域での応用を体現していて、高級車の安全、性能、を心地よいことに運転して再び定義を行う。それはユーザーに尊敬する身分のシンボルを持ってくるだけではないことができ(ありえ)て、更に全方位のは揺れる体験。

  赤旗のブランドの魅力はその年大きい赤旗の乗用車の風采が国民の心にある中で残す永久不変の記憶に源を発して、そこで最も人の心を奮い立たせる時間は大きい赤旗の概念の車HQDの見得に属する。竺がいつもこの新車のために開幕する時、会場全体は熱烈な拍手の音が鳴り響いた。

第1自動車はとても大きい赤旗の設計の風格と造型の遺伝子の基礎を受け継ぐ上に、近代的な造型に解け合って理念を設計して全く新しくてこの中国の第一台の元の首級の制限する版の国賓の車を開発して、1項の本当の意義の上の国の車。

  HQD 車体の造型の上で第1世代の赤旗を受け継ぐ前に高くなった後に低い船型の車体は式の車のドアと3列の側の窓の造型を2つ折りにすることと、そして適度に小さい割合の側の車の窓を体現している、小さい尾の窓、短い前にかける、長いエンジン・フード、同時に車両のライトの設計の上で一番上の人の赤旗の丸い明かりと筒の形の翼子の板の造型に続いて、伝統のあおぐ形のマスクを保留してまだ柵の格の設計の中で解けて中国の伝統の建物の文化の中の“9梁の18柱”の寓意に入る;その上HQDが3つの赤旗を引き続き発揚する側に風格を表示すると同時、そして簡略化を修繕して、3つの赤旗に側が実用性の側を表示することを明かりの機能に転向する与える;HQD 年を取った赤旗の垂直の宮灯の形のテール・ライトの造型に対して革新を行って、そして通る前後に開通の線はヘッドライトの全体と呼応する;HQDはとても大きい赤旗の後部の造型を受け継ぐ同時にまた局部の調整を行って、天安門のイメージを含んで、後列は板によって透明に密封して、全体が思うのは強烈だ。

革新を設計する上に、両側の赤旗は抽象的に組み合わせて新世代の赤旗の旗艦になったのはただ標識があって、応用は機関車とD柱の上で、その上機関車の両側の旗竿を翻る火炎のアイデアで美化に行って、台の形体を入って車の造型の設計を整えることに解けて、参加して翻る旗幟をアイデアの元素のサイドミラーにして、光芒の四方に放つ太陽を寓意にしてリムの造型を作る。

  赤旗HQDは技術の上で極致を求めて、車を整えて採用してすべて手製で造って、そろったアルミニウムの車体、(軽い数量化が設計する)使用者の個性化の需要を満たすことができて、尊敬しただ享受する。

一汽のグループ会社の指導(者)は自主的に製品を開発するために開幕して、存分に自主的にするブランドの決心を発展することに対して“第1自動車”を明らかに示した。まさにこのような決心、私達に我が国は自主的に自動車工業が望みの明日を満たすことを見させた。同時、赤旗を通して今年未来のに向かって来年間もなく生産に入る新車を展示してすでに知っていて、私達も見て、中国の第1の大きい自動車の企業に頼って、赤旗のこの“寂しさ”の長年の“巨大な竜”はそびえ立っている。


添付ファイル: file20050421151610843.jpeg 997件 [詳細] file20050421151610218.jpeg 985件 [詳細]

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-04-30 (月) 02:59:36 (3616d)