http://jssdf.org/u/img/ke0179.xxx の「石動用キャラ」の項に

>種族:人間(最終調整は御任せします)

とか

>年齢:17歳(石動と同じく不老体質に すべきかの最終的判断は御任せします)

とかって書きましたが、やはり、彼の種族は遠野秋葉みたく『人間・混血』

とした上で、石動進と同じく不老体質(外見年齢:17歳)にするとします。

ただし、彼の場合は、石動のように不老不死というわけではなく

あくまでも『不老』なだけであって「不死」ではないので

殺されるなり自殺するなり事故に遭うなり餓死するなり病死するなりすれば

普通に死ぬとします。また、そのうち肉体の

病気への抵抗力とかが段々と低下してくるので

事実上、寿命が有るのと同然ともします(それでも

常人の寿命に比べれば非常に長過ぎる程ですが)。

 彼が不老体質になった経緯については、彼が転生した肉体の先祖に

吸血鬼(ネギま系の真祖かな?)と人間とのハーフがいて、たまたま彼の代にて

彼が17歳の時に血の力が覚醒して、自動的かつ強制的に

不老体質になったとします。

ただ、不老体質になったとはいえ、彼は あくまでも「人間」なので

吸血衝動とかは皆無で、吸血鬼の弱点類にも平気で

肉体の維持の為に吸血行為を行う必要も皆無であり

吸血行為によって何か出来たりとかも全然なく

肉体の自然治癒力も常人の域に ほぼ留まっているともします(一応

「混血としての身体能力」は しっかりと備わっています)。

 なお、以前に提案したように、彼の容姿を

「ルーク・フォン・ファブレ(髪を切る前)」をほぼ そのままとすると

これだと赤主秋葉と ほぼ同じく紅髪蒼眼のロン毛となってしまうというのは

重々承知しておりますが、彼の容姿設定については

秋葉の事は全く意識していないつもりですので、あしからず。

 あと、混血ではあるのですが、彼の場合は、転生者補正か何かで

反転して“外れた者”と化すような事は

絶対に一生ありえないとします(Qという悪の組織に志願するような

行動自体からして微妙と言えるのかもしれませんが)。

 それと、彼の家系の血筋に混じった人外種は、一応、吸血鬼と

しておきましたが、作者様の方で、既参戦作品に登場している

種族のうち、不老なのが当たり前っぽさそう且つ

人間との性交と交配が普通に可能そうな種族として思い当たる

のがありつつ何か思う所があったのならば、彼の血筋に混じっている

人外種は、吸血鬼から変更してくださっても全然かまいません。

 

  http://jssdf.org/u/img/ke0179.xxx の「愛美用キャラ」の項に

>超複雑な遺伝子調整によって魔法やISだけではなく

>最初から能力者としての能力も持つように造られた超高性能機人。

と書いてありますので、そこで彼女は、設計段階から

敢えて意図的に来訪者-ナイトメアを呼び寄せてから

意図的に「ナイトメア適合者」となるべく生み出されたのだが

Qの技術を持ってしても本業能力であるドリームダイブを

意図的に備えさせる事は非常に難しすぎたために

それは断念されたため、彼女が使えるナイトメア適合者としての能力は

あくまでもバイトジョブ止まりでしかないのだが

しかし、彼女の場合は、戦闘機人としての探査解析機能と併用して

他のナイトメアを探知し、念話(リリなの系)を応用した

さしずめ思念攻撃とでも言うべき攻撃を行う事で

自ら夢の中に入り込めなくとも、ナイトメアを遠隔的に滅する事が

可能(ただし、これはナイトメアにしか効かない)という事にして

ナイトメア戦に限定すれば寧ろ他の本業ナイトメア適合者を

効率面で上回っているという事にする……というのを提案します。

 

 以前に

Q総統には、シルバーレイン系能力者としての能力も可能ならば追加で」

とかって言いましたが、そこで、Q総統には可能ならば

裏界を抜け出してからの流浪期間中に、メガリスゴースト-大帝の剣(武器)と

メガリスゴースト-天女の羽衣(防具)を事実上の詠唱兵器扱いとして得つつ

同じく流浪期間中にナイトメア適合者のバイトジョブ級の能力を

得たという事にしつつ、彼女は自ら直接戦闘を行う際には、それらと

裏界魔王としての戦闘能力を上手く併用して戦っている……

……という事にするのを提案いたします。

 ナイトメアに関しては、人間と侵魔では勝手が違うためか

ナイトメアを完全完璧に屈服させても

どうしてもバイトジョブとしての能力しか得られなかったのだが

自ら出撃した際には軍勢を指揮しながら戦わなければならない立場にあるので

範囲回復や範囲強化などが役に立っているとします。

 大帝の剣と天女の羽衣に関しては、元・裏界魔王としての強大な力で

メガリスゴーストを(一応、例外的に)完全に屈服させて完璧に支配してから

そのメガリスゴースト自身の願いの達成による回数制限も無くさせて

何時までも使い続けれるようにする事が出来たため

それを詠唱兵器扱いとして装備しているとします。

 ちなみに、Q総統が使っている大帝の剣と天女の羽衣の外見は、

大帝の剣は、中華風な装飾が施された儀礼用長剣に

高速自動詠唱機能たる回転動力部を取り付けた様な形状で

背凭れと肘掛けの付いた椅子に座る際に

邪魔にならないような付け方で腰に付けており、

天女の羽衣は、女性用の衣装とは言っても形状が下着型だったので

そのまま防具を兼ねた下着として着用しているので

基本的に人目に触れる事は ないとします。

 なお、Q総統が使っている大帝の剣と天女の羽衣は、彼女からの支配が

完全完璧に及んでいるため、彼女以外の者が それを手に取ったりしても

その力が発揮(発動)される事は一切ないばかりか

そのメガリスゴーストに操られて支配されてしまう事も一切ないともします。

 

 http://jssdf.org/u/img/ke0178.xxx の「総参謀長」にも、可能ならば

シルバーレイン的に『ファンガス共生者』としての能力も追加する事も

提案いたします。

 やはり、人間と侵魔では勝手が違うためか、彼の場合も

ファンガスをその身に宿しても、どうしてもバイトジョブとしての

能力しか得られなかったのだが、彼の場合は後方からの指揮などが多いため

その際に「マインドトーク」が軍勢指揮に役立っているとします。

 一応、彼の場合も、Q総統と共に裏界を抜け出してからの

流浪期間中に、その能力を得たとします。

 

 

 あと、言うまでもないかもしれませんが、自分が提案したキャラ以外にも

転生者か非転生者かを問わず作者様の方で

独自にQのメンバーであるオリキャラを出したり、

このキャラならばQに入る可能性がありそうだと判断された原作キャラを

Qのメンバーとして書いて頂ければ幸いです。